音楽

ふつくしい...モアナと伝説の海「an innocent warrior~無垢な勇者」で癒しのひととき

投稿日:2017年3月2日 更新日:

みなさまこんにちは。

今回は、みなさまが一度聞いたら、耳から離れない、

この世のものの声とは思えないほど美しい、まるで天使の歌声ような

「an innocent warrior」をご紹介しようと思います( ^∀^)

実はこの曲は、以前に紹介していたこちらの

モアナと伝説の海の舞台で起こった悲惨な事故から生まれた最高に美しい歌
「Loimata e Maligi 」 by Te Vaka

の、[モアナと伝説の海]用に収録し直されたものです。

そもそも、この歌の大元「Loimata e Maligi」は2002年に作られました。

続きは以下より

スポンサードリンク





このトレーラーで流れる一番初めの曲こそが「無邪気な戦士〜an innocent warrior」です。

そのあとに流れるのは、まあ、マウイの歌とか色々です。

「an innocent warrior」歌詞の意味

基本的には、歌い手も、「Loimata e Maligi」と同じです。

Te Vaka のバンドに所属するVai Marina(ヴァイ・マリーナ)。

 

しかし、「Loimata e Maligi」=涙が溢れるでしょう。

ですが、「an innocent warrior」=無邪気な戦士

となっているため、少しニュアンスを変えているのです。

海が幼いモアナにこのように語りかけているのでしょう。

ヴァイ・マリーナの英語に書き直した歌詞の和訳

あなたの眼に映る世界は驚きの連続でしょう
あなたの心は無邪気な戦士
あなたにはやるべきことがある
親愛なるあなたに
あなたの感じる自由と深い考えを胸に持つの
若い少女よ
あなたの目の前には全てが不思議に満ちている

 

Loimata e maligi       Toku loto fanoanoa
ロイマタ エ マリィギィ    トク ロト ファノアノーア

Ko galo atu     A fakapelepele
コ ガロ アツ   ア ファカペレペレ

Omai te fakamafanafanaga         Solo te mae tenei
オマイ テ ファカマファナファナーガ    ソロ テ マエ テンネイ

Ko galo atu
コ ガロ アチュ

Na tamafine
ナ タマフィネ

Faigata fakamalamalama
ファイガタ ファカマラマラーマ

Tino gafulu ma te toko iva
ティノガフル マ テ トコ イヴァ

Ave ai te lumanai
アベ ア テ ルマナイ

A te atunuku
ア テ アチュヌク

Omai te fakamafanafanfaga
オマイ テ ファカマファナファナーガ

Solo te mae tenei
ソロ テ マエ テンネイ

Ko galo atu
コ ガロ アチュ

Na tamafine
ナ タマフィネ

A fakapelepele
ア ファカペレペレ

Omai te fakamafanafanaga
オマイ テ ファカマファナファナーガ

Solo te mae tenei
ソロ テ マエ テンネイ

Ko galo atu
コ ガロ アチュ

Na tamafine
ナ タマフィネ

Loimata e maligi
ロイマタ エ マリィギィ

Toku loto fanoanoa
トク ロト ファノアノーア

Ko galo atu
コ ガロ アチュ

A fakapelepele
ア  ファカペレペレ

Loimata e maligi
ロイマタ エ マリィギィ

 

歌手 Vai Marina について

彼女は、ニュージーランドの11人からなるバンドTe Vakaのメンバー。

この歌が発表されたのは、2002年。

この歌の意味が知りたい方は、

モアナと伝説の海の舞台で起こった悲惨な事故から生まれた最高に美しい歌「Loimata e Maligi 」 by Te Vaka

こちらの記事を参照して欲しいのですが

この歌は、ある悲惨な事故が原因で

多くの寄宿女学生の命を落とした追悼歌でもあるのです。

彼らが亡くなった時、ヴァイ・マリーナはお腹に赤ちゃんがいました。

なので、亡くなった彼らのことを思うと

今現在も自分の元に子供達が元気でいてくれることをとても幸せに思うと言います。

そのような背景を持つ歌を歌うことに、さほど難しさは感じなかったとも。

 

この歌を聞いたファンの声

この歌は、その美しさと背景の悲しいストーリーに、人々の心を震わせています。

この曲が流れるのは、モアナが幼い頃、海と戯れている時です。

このシーンを見た、観客の声をご紹介します。

 

  • 美しい歌声すぎてスクリーンを前に涙が出たわ、あまりにも泣かすから映画が見れなかったの
  • 映画のいたるところで使われているね。僕の心を熱くし、そして泣かせた。
  • おい、マジでなんでこんなに泣けるんだ?
  • これはサウンドトラックの中で一番好き!次がLogo Te Pateでその次がWe know the way
  • この曲を聴くと、幸せと悲しみを感じることができるの。
  • 僕はネイティブアメリカンだけど、母国語と変わりなくこの歌を楽しめている。

 

です。多くの観客の心を揺さぶったのでしょう。

多くの方が感情的になり、涙したという方も少なくないようです。

 

スポンサードリンク





まとめ

いかがでしたか?

この歌は、「モアナと伝説の海」用に歌い直された、16年も前の曲です。

やはり、特別な思いのある歌は、

いつまでも語りつがれますね。

まとめると

  • この歌が流れるシーンは幼いモアナが海と戯れる初期シーン
  • 元歌は「Loimata e Maligi」
  • 観客の多くの心を震わせた
  • 英語訳を歌い手のヴァイ・マリーナがTweetしてくれた(和訳は上に)

です( ^∀^)

では、劇中で楽しみましょう。

あなたにオススメの記事はこちら。

 

スポンサードリンク



-音楽

Copyright© モアナと伝説の海☆情報局☆ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.