登場人物

ハワイ語でモアナの意味とは〜年齢は何歳?どんな子?

投稿日:2017年1月21日 更新日:

モアナと伝説の海の主人公・モアナ。彼女はなぜ海に選ばれたのでしょう。

彼女は特別な力を持っていました。

しかし、彼女は決して特別ではありませんでした。

そんなモアナのパーソナルな部分に迫ってみました。

 

モアナの生い立ち

モアナは島のモトヌイ村に生まれました。

父親のチーフ・トゥイは村を統括する役割を果たしていました。

母親はシーナという名でした。

モアナは海と航海に愛された娘です。

彼女の住む島は、半神半人マウイの手によって、テフィフィの心が盗まれてしまったため

崩壊の危機にさらされていました。モアナは、テフィフィの心を元の場所に戻し

島の人々を救うためオセアニアの海を航海します。

スポンサードリンク





 

モアナという名前が持つ意味

モアナは、ハワイやマオリを含むポリネシア語で「海」を意味します。

海に選ばれた少女モアナ(海)、です。

 

モアナの性格

主人公情熱的意志が強い印象深い大胆
思いやりのある英雄好奇心賢さ勇敢
可愛い猪突猛進
外見細くて筋肉質、小麦色の肌、長くウェーブのかかった髪、
太い眉、茶色の眼
職業モトヌイのチーフの娘
目的島の人たちを危機から救い出し、彼らの文化を発展させる
故郷モトゥヌイ
家屋父:トゥイ、母: シーナ、祖母タラ、マタイヴァーサ(祖先)
仲間豚のプア、雄鶏のヘイヘイ
溶岩の悪魔テカ、タマトア、カカモラ
好き結婚式、伝説、海、航海、家族、貝殻、モトヌイ村、プア、マウイ
嫌い海に近寄るのを禁じられること、ラロタイ、マウイの傲慢さ、
ヘイヘイのおばかなところ、嵐の海、プリンセスであること
道具テフィフィの心(仮)
兵器もり、オール
口癖世界を救おう!
海は私の友達です!

「人とは違った存在であれ。」

おばあちゃんのタラは、モアナに言います。

モアナは冒険心が旺盛で意志が強く、怖いもの知らずで、運動神経もいいです。

彼女は女の子らしいかわいらしいお姫様ではありませんでしたが、

彼女なりの他の男の子たちとの距離感の取り方がありました

彼女は自信をなくすこともあるにはありますが、彼女自身には大きな誇りを持っています。

そして常々、あまりに頑固なので新しい挑戦を避けようとしません。

モアナは新しい経験と仕事に真摯に取り組み、地に足をつけて

他のものが失われたとしても得たい価値があると思えるもののために戦います

彼女は小さな女の子ですが、自分の特徴を活かし

航海の中で出会う恐ろしい獣と不可能と思えるような障害にも、立ち向かえるほど

賢明でした。

彼女は、自分のアイデンティティのがなんなのかわからずに苦しんでいます。

愛する家族と、協力的な島の人たちに囲まれて、モアナは生まれ育った家族や村や自然を

とても大切だと感じています。

しかし、彼女はまた、海への情熱的な愛と、村のある島を飛び出して航海に出たいという

強い思いを胸の内に秘めていました。

テフィフィの心が盗まれてからというもの、海は決して穏やかなものではなく、

モトゥヌイの人々の安全を守るため、航海は彼女の父、トゥイによって

禁止されていました。

それにもかかわらず、モアナはずっとその情熱の火を消せないまま、

将来のチーフ(長のようなもの)として村で大切にで育てられたのです。

 

村の存続危機にモアナがとった行動とは・・

賢くて、海や島に関する知識も豊かなモアナは、村に直面した問題にひるむことなく

前向きな考え方を持つことができました。

彼女の家族や村の人々に対するモアナの忠誠心は、

彼女の深刻な自己アイデンティティの確立の悩みに大きく関与していました。

人々のために誠心誠意尽くしますが、時折、「どこまでも〜How Far I'll Go」の歌にあるように

海に飛び出してしまいたくなるのです。

そして、そのことに強い罪悪感を感じてしまいます。

自分の夢を追って海に出ることで、村の人々に失望感を与えてしまうと考えたのです。

しかし視点を変え、先祖代々の伝統を大切にするという強い義務感から

新しい未来を導き出し、先祖から受け継いだ遺産を再び活気つけることで

彼らを敬うことができるという風に発想転換しました。

これらの矛盾した感情は、映画を通して、モアナの最大の挑戦として原動力になっています。

 

モアナが海に選ばれた意味とは・・

彼女は伝説のテフィフィの心を復元するために海に選ばれました。

心がなければ、世界は崩壊の道へと歩むからです。

モアナは、そのことに対し、ネガティブな面にフォーカスしてしまいました。

モトゥヌイ村に対する愛と彼女の偉大な祖先の伝統を、全て壊してしまうのではないか、

自分の野心を確実に達成しようとすると、

他の人の命を脅かすということになり、かなり利己的にならざるを得ない・・と。

しかしこれはモアナの誤った考え方です。

モアナは、目標に対して献身的だし勇敢です。

映画の中で、モアナはトゥイと船出前に対峙しますが

アドバイスを退けてしまいます。

そして、航路の見つけ方や航海術などトレーニングをせずに海へ飛び出してしまいます。

このことからも、モアナはとても無謀なやつです。

恐れることは少ないにしても、時たま、じっくり考えるよりも先に自分ができる以上のことを

やろうとしてしまいますから。

それらには悪意もなければ確固たる意図もないですし。

ただ、慈悲深いモアナは真に大きな財産だと信じているもののために

命を投げ打ってでも行動を起こしたいのです。

 

スポンサードリンク



 

モアナの成長〜普通の少女が伝説を作る〜

 

モアナは失敗して学びます。

マウイと出会った時、モアナは打算的でひどい印象を与えてしまったので

溶岩の悪魔テカとの戦いで、

彼女を助けることを拒否されてしまいました。

なので自分だけで立ち向かおうとしていました。

まず他の人を理解し、助けることで、自分自身が救われるということを信じ始めたモアナは、

マウイを理解するために何時間費やすことにしました。

自分のうちなる悪魔の背後にある理性と向き合うのです。

そうすることで、彼女は自分を愛するということを学びます

実際にどのように

自分自身の内面を見つめ強くあり導きをもたらすのか、他人にはわからないことですよね。

そのようにして、最も悪い時に自分自身を励ましていたのです。

彼女は冒険とともに成長し、世界とのつながりの中で自分のことを知っていきます。

彼女がわかったこと、それは、

他の何も自分自身を定義することはできないのだということでした。

故郷の村の人々も、自分の欲望も、愛した海でさえも、

彼女を定義づけるアイデンティティではありませんでした。

最終的に愛する海と愛する人々、それらが自分というアイデンティティの前に現れたものだと考え

ることで尊敬することができました。

 

年齢

彼女はアメリカ版モアナの声優、アウリィカルバーリョと同じ

16歳の女の子です。

 

モアナ's トリビア

①、アニメーターは、モアナの髪にかなり労力を注ぎました。モアナの髪は、ポリネシアンの独特のウェーブがかったロングスタイルなので、複雑でした。
リアリティーを追求し、新しいソフトウェアまで開発するに至ったらしいのです。
場面によって様々な表情を研究したと言います。
彼女が航海をする上で髪を縛るなど、多岐にわたります。

②、映画とは別のもう一つのストーリーラインが存在していました。
モアナには島を離れる9人の兄がいました。妹であるモアナが彼らを救うために旅をします。

③、モアナは実際の人間のボディバランスなどをこれまでのディズニーヒロインよりも再現されています。

④、映画は初期、マウイを中心にした物語でした。

⑤、モアナの服の赤色は、チーフの娘として、彼女の王家の娘だということを表しています。

⑥、モアナのネックレスには、40以上のデザインが提案されていたと言います!
最終的に選ばれたのは、海と陸の両方に由来するものになりました。
ネックレスの星は、モアナの航海士、観測士としての個性を表しています。

⑦、モアナはディズニー・アニメーションの第二のポリネシアン・ヒロインです。
第一はリロ&スティッチのリロ。

⑧、著作権上に関係から、映画の海外版の一部でモアナの名前はVaianaに変更されました。
(欧州の一部の国)

⑨、モアナのフルネームは、モアナ・ワイアリキ

⑩、ジブリのヒロインがモアナに影響?

 

まとめ

モアナは海に選ばれてしまいました。

それは、島の人々を救うためでした。

しかし、選ばれたからといって、モアナは万能だったわけではありませんでした。

他の少女たちのように悩み、

アイデンティティを探し求める思春期の女の子でした。

彼女がする選択はいつも正しいわけではありませんでした。

だけど恐れず前に進むことで乗り越えていきました。

そこには、彼女の力ではなく、マウイやヘイヘイ、プアといった助けがあったからこそです。

モアナは映画の中で、大海原を航海するという旅路とは別にもう一つ、

自己の内面と向き合う旅に出ていたのでした。

10代の女の子たちの共感をきっと呼ぶでしょう。

あなたにオススメの記事

 

スポンサードリンク





 

-登場人物

Copyright© モアナと伝説の海☆情報局☆ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.