ディズニー製作秘話 まとめ記事

モアナのテーマソングはアメリカ社会の闇の象徴〜考察お堅い話〜

投稿日:2017年2月28日 更新日:

みなさまこんにちは( ^∀^)

今回は、少しシリアスなお話をしようと思います。

「モアナと伝説の海」というよりは、政治経済みたいなお話になるかもです。

悪しからず。

モアナと伝説の海はディズニー最新映画として2016年11月末にアメリカ公開されました。

主人公のモアナは、なかなかディズニーの歴史を振り返っても

たくましいです。

なぜ、こんな主人公になってしまったのでしょうか?

(しまったっていうと、なんか違う?( ^ω^ ))

その考察について記事にまとめました。

スポンサードリンク





モアナと伝説の海のテーマソングとは

モアナと伝説の海のテーマは、テーマソングに要約されています。

「どこまでも〜How Far I'll Go」がテーマソングです。

この歌詞の一部を抜粋します。

「そうね みんなとっても幸せそうだわ それはわかるの

そうね 自分の居場所が あるのって本当 素敵なことよね

この道を進んでく 望まれることは同じ 

でも心に響くのは 違う歌」

この歌は、ディズニーソングなので、ポジティブな側面だけを歌っています。

幸せが前提とされています。

注目して欲しいのは、”心に響くのは 違う歌”の部分です。

心に響くのは、違う歌。

自分の望むものを外部ではなく、心の内部から見つけるということです。

ありきたりなようですが、

この部分は人間の根幹で、社会を健全に生きていく上で大切なことです。

みんな自分を押し殺して頑張れば、そのうちうまくいくと思っています。

でも、それは間違いです。

それでは内に溜まった自分を解放しなければ、ならない時が来ます。

自分の声を大事にすることが

結果的に人のためにもなり、幸せに物事が運びます。

その理由をアメリカ社会を絡めて考察します。

 

トランプ政権下のアメリカについて考察

まず、トランプ政権が発足して、

アメリカ国内では大規模デモが同時多発!( ゚д゚)ヒィ

何やら、祭りを起こしているわけですが・・・。

(祭りとか言っちゃって不謹慎?)

アメリカというのは、マイホーム、マイカー、etc...

夢の生活の提案者の先駆けの国。

アメリカン・ドリームという言葉が、これを象徴しています。

「輝かしい生活モデル」を社会全体でマーケティングしたのです。

ほら、みんな、これが欲しいだろう?

頑張って働いて、手に入れてね♪

こうして20世紀初頭のアメリカは発展し、大国になりました。

日本の高度経済成長も、構造は同じです。

しかし、21世紀を迎えた現代で、アメリカという国はどう変わってしまったのでしょうか?

 

トランプ政権が誕生した背景

トランプ大統領は、支持する人と反支持者でかなり割れています。

圧倒的に目立つのは、デモを起こす反支持者。

この中には、レディガガなど影響力のあるポップスターもいます。

では、なぜこんなに不支持者が多いのに、当選したのかと言いますと、

トランプ氏(共和党)は労働階級の下火になっている層の票を得たからです。

ライバルであった立候補者のヒラリークリントン氏(民主党)は、

いつも民主党に投票してくれる地域には

演説に廻りませんでした。

今回も、民主党に投票するだろうと考えていました。

対するトランプは、テレビではエッジのあるパフォーマンスをしていますが

きちんと選挙活動をしていました。

そして、ヒラリークリントンの回らなかった

民主党を応援する地域に行き演説をします。

その地域がカギとなりました。

その地域は、20世紀には労働者の町として活気付いていましたが、

21世紀になるまでには機械に取って代わる仕事になったため、

労働者たちの価値が下がってしまったのです。

錆びれた労働者の街として、ラストベルトと異名を持つほどでした。

彼らは不満を抱えていました。

アメリカは、彼らの声を取るに足らないものとしてこれまで過ごして来ました。

その彼らの声を掘り起こしたのが、現トランプ大統領です。

トランプ氏はその土地で、彼らの価値が下がった原因(移民なども含む)を

共通の敵とし、共闘の仲間意識を説きます。

これに共感した彼らは、民主党ではなく共和党トランプ氏に投票します。

 

ヒラリークリントン氏の怠慢

みなさま、上の事実を知って、どのように感じましたか?

ヒラリークリントン、何やってんだよ〜〜〜!!って

思いませんでしたか?

そこは、選挙活動しとこう?(切実)

って言いたくなりますよね。

しかし、これは普通のことです。

 

ヒラリークリントン氏は、当選を確実視されていました。

当日の開票をするその時まで。

彼女には、(本人に聞いていないのでわかりませんが)

自信があったんだと思います。

しかし、この自信は、彼女を当選ではなく落選に導いたのです。

あるポイントで、思考停止していたのだと思うのです。

そのポイントが、この選挙活動をさほど行わなかった地域です。

彼女の犯した怠慢とは・・・?

 

内なる声に耳を傾けなかったこと

 

に、ほかならないと、私は考えています。

内、とは、アメリカの国民の声のこと、です。

ヒラリークリントン氏も傾けたつもりだと思います。

しかし、本当に傾けたのか、傾けたつもりだったのかは、結果を見れば一目瞭然です。

膿は、みてみぬふりをすれば、勝手に治ると思ったら大間違いです。

膿は、膿を出さなければ、治らずに、化膿します。

 

モアナと伝説の海のテーマソングとアメリカ社会の闇

この歌は、別にアメリカ社会が〜とかいう小難しい話ではないのだとおもいます。

単に、一人の女の子が、自分の夢に向かって走り出す心境を

歌っているのです。

しかし、全は一、一は全です。

国も、そういう意味では一人の人だと考えていいと思います。

いい部分だけではなく、悪い部分も見つめなければいけません。

心に響くのは、違う歌。

これは、まさに、

民主党ではなく、共和党へ乗り換えた、ラストベルトの街の人々の声です。

彼らには、トランプの声が響いたのです。

そんな、内なる声に耳を傾けていたら、今回の選挙結果は違っていたのかもしれませんよね。

 

スポンサードリンク





まとめ

いかがでしたか??

ちょっとお堅い話をしてしまいました。

ただのエンターテイメントにそんな政治の話を持ち出すんじゃないわよ!

とか言われそうです。

申し訳です。

しかし、エンターテイメントとは、創作とは、常に現実の比喩なのです。

では、まとめると・・・

  • 「モアナと伝説の海」のテーマソング=心の声を聞きましょう
  • ヒラリークリントン氏が落選した理由=アメリカの声を聞けなかったから

ということで、いくらでも考察できてしまいます。

ただの個人的な考察の域なので、その辺ご理解ください。

関連記事はこちら

モアナと伝説の海のモアナが現代女性のロールモデルな4つの理由

原題『モアナ』日本版題名は宮崎駿の影響でイタリア版は有名スターの影響?

衝撃!モアナには6人の隠れ兄弟がいて、マウイは脱毛?カットシーンを思ふ

リトルマーメイド・アリエルとモアナと伝説の海の共通点と違う点を考察

綺麗すぎる色「モアナと伝説の海」の舞台となった場所やポリネシア(タヒチ)神話の物語

ハロウィンと肥満が批判の理由?人種差別問題だとモアナと伝説の海、マオリ族から抗議される

スポンサードリンク


-ディズニー製作秘話, まとめ記事

Copyright© モアナと伝説の海☆情報局☆ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.